undying rain

統合失調症の生存確認

副作用の話

抗精神病薬ドーパミンブロック過多で起きる錐体外路症状と遅発性ジスキネジア(?)(眼瞼痙攣)という症状に大分頭を抱えていた時期があった。

 

まずメインで頻発した錐体外路症状は、目が上転する眼球上転発作だった。

3年前パートで働いていた頃、勤務中に突然それは起きた。目が上に上がって正面に戻せねえ!ヤバイ!どうしよう。とりあえず先輩に「目が変になって苦しいので事務所で休ませてください」と伝えて休憩していたがそれでも一向に良くならなかったので泣く泣く早退した。

それから勤務中に時々その発作が起きていた。起きやすい時間帯もあった、大体夕方から夜にかけて特に起きやすい。

当時の職場には統合失調症のカミングアウトをしていたので、副作用が起きた時は毎回休ませてもらっていたけどその度に早退をしていたから、これ以上周囲に迷惑かけたくなかったのと接客業という個人的に難儀な仕事だったので結果その職場を辞めてしまった。

何で副作用が起きるんだ…と、当時のアホな自分はずっと悩んでいた。

それは経験したから分かる、抗精神病薬の量の多さ、あるいは合っていない、それに加えてその時の疲労の度合いと緊張、不安状態が絡み合って起きているから。

一度起きてしまうと元に戻すのは困難なので寝るしかない。副作用止めも効かないくらいの重症だった。

確かに接客業は人と対面する仕事だから、元来内向的な自分にはしんどかった。常に緊張と不安のオンパレードでそれは眼球上転が起きてもおかしくなかった。

減薬したり変薬したりしたら起きる頻度は激減したけど、3,4日おきに起きるというのを何か月も経験した。今でもごく稀に起きる。

眼球上転が高い頻度で起きている人は減薬、変薬するべし。

 

次に苦しかった副作用は、眼瞼痙攣。

簡単に言えばまぶたを開こうとしても開かなくなるかなりヤバイやつ。まぶたの筋肉が過剰に収縮してこわばり、ピクピク痙攣したりもする。あとは羞明の症状もある。この病気にかかってしまうと一生完治しないと言われている難治性のもの。

薬剤性で起きている副作用の場合は減薬、変薬、あるいは中止により軽快する。ただし完治するかは別。

これは今も悩まされているけど1年前よりかは奇跡的に大分良くなった方かな。

薬剤性で起きている場合原因の薬剤は抗不安薬抗精神病薬など。自分は当時両方とも毎日飲んでいたからな…。丁度1年前に4年ほど服用していた抗不安薬を断薬したんだけど、離脱している時がマジでまぶたがピクピクして開かなかった気がする。

でもどの薬が原因なのか今でもよく分かってない。

ひどい時はスマホやPCの画面も見れなかったな…外出も困難だったよ。でも良くなって良かった。

 

話少し脱線するけど、ベンゾジアゼピン系薬剤はもともと長期服用するものではないのに依然として長期処方されている日本人多すぎて草。あれ安全性あるとか言われてるけど離脱症状なんて人によっては死ぬほどキツイ。服用期間が長いほど何年もの間離脱症状に苦しむ事になるから飲まないほうが吉。

抗精神病薬も遅発性ジスキネジアを将来起こす可能性があるから怖いよね、精神薬って。

変な違和感を感じたら、即座に飲んでいる薬を疑った方がいいね。

8月31日。くすり。

4ヶ月ほど地活を休んでいたけど、お盆明けから通うのを再開して、今日も午前中いたけどやっぱり行くのと行かないのでは、寂しさの度合いが違うね。

地活では主に調理と雑用をする事になってる。あとは利用者や職員とのコミュニケーションなど。

たまに疲れてしまう時もあるけど、外に出る事で現実感がより鮮明になる。普段は引きこもりに近いから。


先週の体調不良も峠を越えて、大分楽だな。今。

こんな状態がずっと続けばいいのに。

今月は外出が比較的多かった。ライブや海に行けたし…明日明後日も友人たちと会う約束をしている。

9月は遠距離の彼氏と二回会うし楽しみ。

趣味に没頭する気力はまだ出ないけど、外に出る気力は以前よりは増したから良い方向に向かってるかなあ。



以前の処方はジプレキサ1.25mg、ルーラン8〜12mgだった。この頃の状態はというと、不安定で、疲れている時は特に陽性症状が出ていた気がする。外出先とか見知らぬ人たちに対して敵意があったりした…。

割と少ない量なのに副作用が出やすい体質なので副作用の眼球上転があり、なかなか増やせずにいて、主治医に「レキサルティ はどう?副作用も少ないよ」と言われ変薬を試みた。

レキサルティ1mgはCP換算すると300mgで、エビリファイ12mg相当。

1ヶ月以上服用し続けてやっと効果を実感してきたような気がする。

陽性と陰性、両方に効いているような。

副作用は飲み始めの不眠とアカシジア以外、特に感じられる事は無かった。

妄想は程よく抑えられているし、具合悪くなっても回復早いし。

さすがスーパーエビリファイと呼ばれるだけあるな…。

ただ2mgに増量したら強い眠気と錐体外路症状(眼球上転)が出たので減らしてもらった。

レキサルティ、良い薬ですわ…。

ちな鬱病にも処方されてるっぽい。


おはつ。わたしのこと。

 

 

ブログやるの2年ぶりだなあ。昔amebloで抗精神病薬の副作用の辛さをひたすら吐露してた覚えがある。副作用の事についてはまた後日書きますお。

 

 

 

統合失調症を患ってから6年が経過し、急性期と消耗期を行ったり来たりしていたが現在は回復期に移行中。

ストレスに襲われると身体が重ったるくなり、何もする気力が無くなり無駄な時間を過ごしてしまうし、外出は調子悪い時はとてもできない。唯一出来るのは横になって出来るインターネットくらい。

でもこんな私でも寛解していた時期があった。それは20~21歳の頃。薬も丁度いい量で合っていて、パートの仕事をしながら趣味にも没頭出来ていたし大分安定していた方だな。辛いことも勿論あったけどそこまで辛い程では無かった。

 

 

統合失調症の主な症状は、陽性症状(人に悪口を言われている、外の人間全員に監視されている、誰かが殺しにかかってくる、思考伝播)、陰性症状(感情の平坦化、意欲低下、言葉が出なくなる)など、精神的に疲弊しきっている時はこれらの症状が顕著に出ていてしまう…。

思春期の頃には内向的で人見知りが激しく、異性とちょっとしたトラブルがあり視線恐怖、対人恐怖が出てくるようになった。

まだ幼くて健気な頃は元気で明るかったよ…。思春期特有の症状なのかね?!

思春期を過ぎた現在も調子悪い時を除けば、元気いっぱいキチガイ陰キャマン。

でもね…視線恐怖、対人恐怖だけはいまだ自分の中にあって、つらい。普通なら思春期過ぎたら消滅するらしいんだけど。

大人の視線恐怖症、対人恐怖症について分かってくれる人はいないだろうか。

統合失調症の二次的な症状でもあるんだろうか?主治医に訊いた方が良さそうだ。

 

 

現在はというと、無職歴2年になりました。恐らく今月で2年…。

焦りは勿論あるけど、焦っても何も起こらないのでマイペースに行きたいと思ってる。

地活の職員や主治医には昔、焦りがひどいと言われたもんだがなあ…。

焦らなくていいんだよとよく優しいアドバイスなど貰ってこれでも大分落ち着いた方だなあ。

しかし最近、じゃないんだけど別の意味の焦りが周囲の人間にはしばしば伝わっているみたいで…。単刀直入に言うとADHDっぽい。

ADHDは焦りやすい、落ち着きがないなどの多動性があるんだとか。

この間友人を乗せて運転している時、「〇〇大丈夫?焦ってるよ。」と言われてから改めて自覚したような。かなり焦りがヤバイらしい。

不安と緊張からくる焦りもあるんだろうけど…。直したい所ではある。

 

 

 

度々話が逸れつつあるがあまり書きすぎるのもアレなので今回はここまでにしとこう。

メンタル系ブログにしようと思っていて私の病気に関して綴ったけど、日常的な事、趣味の事などサブな話も加えて諸々書いていこうと思う。

個人的な話や統合失調症関連、精神薬が好きなので薬の話が多いけど、当事者もそうでない方も少しでも読んで頂けると嬉しい。