undying rain

統合失調症の生存確認

おはつ。わたしのこと。

 

 

ブログやるの2年ぶりだなあ。昔amebloで抗精神病薬の副作用の辛さをひたすら吐露してた覚えがある。副作用の事についてはまた後日書きますお。

 

 

 

統合失調症を患ってから6年が経過し、急性期と消耗期を行ったり来たりしていたが現在は回復期に移行中。

ストレスに襲われると身体が重ったるくなり、何もする気力が無くなり無駄な時間を過ごしてしまうし、外出は調子悪い時はとてもできない。唯一出来るのは横になって出来るインターネットくらい。

でもこんな私でも寛解していた時期があった。それは20~21歳の頃。薬も丁度いい量で合っていて、パートの仕事をしながら趣味にも没頭出来ていたし大分安定していた方だな。辛いことも勿論あったけどそこまで辛い程では無かった。

 

 

統合失調症の主な症状は、陽性症状(人に悪口を言われている、外の人間全員に監視されている、誰かが殺しにかかってくる、思考伝播)、陰性症状(感情の平坦化、意欲低下、言葉が出なくなる)など、精神的に疲弊しきっている時はこれらの症状が顕著に出ていてしまう…。

思春期の頃には内向的で人見知りが激しく、異性とちょっとしたトラブルがあり視線恐怖、対人恐怖が出てくるようになった。

まだ幼くて健気な頃は元気で明るかったよ…。思春期特有の症状なのかね?!

思春期を過ぎた現在も調子悪い時を除けば、元気いっぱいキチガイ陰キャマン。

でもね…視線恐怖、対人恐怖だけはいまだ自分の中にあって、つらい。普通なら思春期過ぎたら消滅するらしいんだけど。

大人の視線恐怖症、対人恐怖症について分かってくれる人はいないだろうか。

統合失調症の二次的な症状でもあるんだろうか?主治医に訊いた方が良さそうだ。

 

 

現在はというと、無職歴2年になりました。恐らく今月で2年…。

焦りは勿論あるけど、焦っても何も起こらないのでマイペースに行きたいと思ってる。

地活の職員や主治医には昔、焦りがひどいと言われたもんだがなあ…。

焦らなくていいんだよとよく優しいアドバイスなど貰ってこれでも大分落ち着いた方だなあ。

しかし最近、じゃないんだけど別の意味の焦りが周囲の人間にはしばしば伝わっているみたいで…。単刀直入に言うとADHDっぽい。

ADHDは焦りやすい、落ち着きがないなどの多動性があるんだとか。

この間友人を乗せて運転している時、「〇〇大丈夫?焦ってるよ。」と言われてから改めて自覚したような。かなり焦りがヤバイらしい。

不安と緊張からくる焦りもあるんだろうけど…。直したい所ではある。

 

 

 

度々話が逸れつつあるがあまり書きすぎるのもアレなので今回はここまでにしとこう。

メンタル系ブログにしようと思っていて私の病気に関して綴ったけど、日常的な事、趣味の事などサブな話も加えて諸々書いていこうと思う。

個人的な話や統合失調症関連、精神薬が好きなので薬の話が多いけど、当事者もそうでない方も少しでも読んで頂けると嬉しい。